英ポンド / 米ドル:1.4640が主要レジスタンス – FXStreet

FXStreet – FXStreet主任アナリストのValeria Bednarikは、英ポンドが米ドルに対し1.4532まで下落し、2010年6月以来の低水準で、その後ようやく、1.4600付近まで回復し、昨日を終了した。

主な引用:

「7日連続で下落、英国からのHalifax住宅価格指数(3か月比/前年比)のデータが予想の0.3%を上回り、1.7%と好調であった。この結果は一見良いように見えるが、中をよく見ると実は、よいニュースではなく、住宅価格バブルの可能性を示しており、利上げの可能性が減ることにつながる。」

「ペアは、短期的にさらに反発上昇を持続するかもしれないが、1時間足チャートでは、レートは、弱気地合の20SMA付近で苦戦しており、テクニカル指標は、上昇を見せているが、まだ、中間線の下方にある。

4時間足チャートでは、テクニカル指標は、極端な売られ過ぎ領域から反発した後上昇、レートは、まだ弱気地合の20SMAの下方にあり、現在、上昇を1.4640(日中高値)で制限されている。」

http://mediaserver.fxstreet.com/Reports/e72ab289-47ce-457c-aff5-c34767329607/20160108GBPUSDH4_20160107191810.png

FXStreet – FXStreet主任アナリストのValeria Bednarikは、英ポンドが米ドルに対し1.4532まで下落し、2010年6月以来の低水準で、その後ようやく、1.4600付近まで回復し、昨日を終了した。

(Market News Provided by FXstreet)